お話

2 「ドラゴンの名前はまそたんにします」 Episode2. I name the dragon Masotan

ドラゴンと飛行訓練を繰りかえすひそね。
そこに現れた長髪の男・幾嶋博己は、
彼女の身体に触りまくった。
専用パイロットスーツの開発担当である幾嶋は、
ドラゴンに選ばれて飲み込まれた先の構想を
触発されたのだ。
一方、ドラゴンに選ばれなかったライバルの奈緒は、
嫉妬のあまり嫌がらせを繰りかえすが、
ひそねはそれを好意と勘違いしてしまう。
次第にドラゴンとの距離が
縮まっていったひそねは、
名前が必要だと感じ始めていた。

Hisone keeps flight training with the dragon.
One day a long-haired Hiroki Ikushima appeared out of nowhere and touched
all over Hisone’s body.
He is a developer of pilot suits and got motivated to create a new suits
for Hisone by witnessing she was swallowed by the dragon.
On the other hand,
Hisone’s rival Nao keeps teasing her out of spite not being chosen by the dragon,
but she mistook that Nao likes her.
While shortening the distance to the dragon,
Hisone starts thinking it needs a name.